底地について

底地を整理したい場合は誰に買い取ってもらうと良いでしょうか?

底地が売却されるよくある事例

 

底地は、地代や更新料など十分な
収益がある場合は

 

継続して底地を所有し続ける
メリットもありますが

全体的な傾向として、地代は
安く抑えられがちです

 

そしてこのような底地が売却される
理由として

 

底地を相続した際、地主様に
相続税を支払うための現金が
準備できていない場合に

 

底地の売却を考える地主様が
よくいらっしゃいます

 

底地を買取ってもらう最良の相手とは…

地主様が底地を相続税対策のために
売却する先としては

 

1.借地人さん

2.第三者(借地人さんと協力し、借地権と土地を同時売却)

3.底地買取業者

 

などに買い取ってもらうことが
考えられます

 

そして、もし借地人さんから
底地を買い取りたいという
申し出があるなら

 

そのまま買い取ってもらえると
良いかもしれません

 

底地は、自分の土地であっても
自由に利用できないことから
一般の方に売却ことが難しく

 

さらに収益性も低いため、投資物件
としても一般の方にに売却する
ことも難しいといえます

 

また、もし一般の方に売却
できたとしても

 

底地は市場で評価された
低い金額で売買されて
しまいます

 

次に買取り業者に底地の
買取りを依頼した場合では

 

借地人さんとの交渉や
買取りの手続きは

 

スムーズにストレスもほとんどなく
済ませることができるでしょう

 

しかし、一般の方に
売却する場合と同様に

 

買取り金額は低くなって
しまいます

 

まずは借地人さんに底地の買取をお願い

 

地主様は、自分の土地でも
自由に利用できない底地に
不満を抱えているかも
しれませんが

 

借地人さんも不満がない
わけではありません

 

・借地権の更新の際に、
更新料がかかること

・建物の立替や、大規模のリフォームの
際には承諾・承諾料が必要

・借地権を売却するにも地主様の
承諾が必要

 

など

 

借地人さんも、不満を
抱えていることがあります

 

このような場合、借地人さんが底地を
買取たいと考えていることがあります

 

また、借地人さんにとっては
これまで借地権だった土地が

 

底地を買取ることで、土地の
所有権を得られるため

 

一般の方が買取るよりも
メリットが大きいことから

 

売買価格はお伝えした三者の中で
一番高い金額になると考えられます

 

そのため、もし底地の売却を
考えているなら

 

まずは借地人さんに底地の買取り
提案することをおすすめします

 

借地人さんに買取りの提案をする際の注意点

 

借地人さんは、身近な為
底地の買取りの提案は

 

思ったよりも簡単にすることが
できるかもしれません

 

しかし、ここで注意して欲しいのは
借地人さんとの「交渉」を

 

当事者同士だけで行わない
というこです

 

借地人さんとの交渉では、土地利用に関して
お互いの意向や感情を混同し

 

お互いの意見を衝突させることが多く
その場合、話し合いがこじれてしまい

 

底地を売却するどころか

 

交渉が長期化してしまうことに
なりかねません

 

また、相続税支払いにも期限があるので
時間に余裕もありません

 

このような状況は、地主様がとても大きな
ストレスを抱えることになります

 

そうなる前に、是非一度は底地の売却や
交渉について、専門家のお話を聞き

 

場合によっては、交渉なども任せたほうが、
結果的に時間をかけずにストレスなく
目的を達成することができるでしょう