底地について

底地の意味をご存知ですか

あなたは、「底地」の意味を
ちゃんと理解されていますか

 

借地や貸地など、似たような
言葉と区別できずに

 

理解が曖昧なままになって
いませんか

 

今回は、できるだけわかりやすく
底地についてお話させて頂きます

 

底地とは

「底地」とは、地主が所有する土地の上で
第三者が、建物を建て所有、利用するために
借地権や地上権を設定している土地のことで

 

「底地権」とは、地主さんが地代や更新料を
受取る権利ということができます

 

つまり、地主がその土地を第三者に貸して
地代収入を得ている土地のことを
「底地」・「底地権」といいます

 

また、「底地」と似た言葉で「貸地(かしち)」
というモノがありますが

 

これは、地主の所有している土地の上に
土地を借りている人が何も建てない場合

 

土地に借地権が存在せず、単に土地を
借りている状態のことをいいます

 

底地と貸地、言葉は似ていますが
示す土地の状態は違うので

 

混同しないように気をつけましょう

 

そして、貸地と同じように混同されがちな
言葉として「借地」・「借地権」
というモノがあります

 

「借地」とは、建物を所有、利用するために
地主から借りた土地のことで

 

「借地権」とは、借りた土地の上に
建物を建てる権利のことを
いいます

 

「借地」は、「底地」と混同して
使われることが特に多くあります

 

これらの言葉を区別して理解するには
土地に対して、どの立場から見るか

 

ということを知っておくと
区別しやすくなります

 

・借地権のついた土地の所有者(地主)
から見ると

→底地

 

・借りた土地の上で建物を所有、
利用する側(使用者)から見ると

→借地

 

見ている土地は、同じなのですが
立場が変わると

 

呼び方が変わるということです

 

底地の地主は、以外に悩みが多い

底地は、長い契約期間の間、地代収入を
継続して得ることができるうえに

 

契約の更新時や建物を建替える際の
「承諾料」などの現金収入を
得ることもできます

 

そのため「地主」と
聞くと

 

地代の収入で気楽に過ごしている人と
思われてしまうかもしれません

 

しかし…

 

実際にはそのような
地主はほんのわずかで

 

底地を所有するほとんどの地主は

 

・借地人とのトラブル
→借地人が地代を滞納
→いつになっても土地を
返してもらえない

 

・相続で起こるもめごと
→相続人同士で、協議がまとまらず
いつまでたっても相続登記ができない

 

・苦しい納税状況
→安すぎる賃料の為、固定資産税や
都市計画税の支払いで、
毎年赤字になっている

 

・・・などの悩みを抱えています

 

また、悩み解消のために底地を
売却しようにも

 

権利関係が複雑な底地は
住宅ローンなど

 

銀行の融資も敬遠されて
しまうため

 

簡単に売ることもできません

 

底地の現状

平成4年8月1日に新に借地借家法が施行され
これによって定期借家契約が導入され、
期限が過ぎても

 

土地が返還されないということが
なくなりましたが

 

新法適用は平成4年8月1日以降に
締結されたもののみのため

 

現在でも、借地人を保護する内容に
重きを置いている旧法が

 

まだまだ根強く残っているのが
現状です

 

しかし、自由のきかない悩みの種と
なっている土地をそのままに
しておけば

 

残された家族に負のバトンを
渡すことになりかねません

 

そんことになってしまう前に
問題を確認、対策を検討し

 

しっかり問題を解決したうえで
次の世代に渡すことを

 

強くおすすめします